糸の結び方 縫い初めの玉結び

tamamusubi1

手縫いでは縫ったときに糸が抜けないようにするために縫い始めと縫い終わりを結んでとめます。

縫い始めの結び方を「玉結び」と呼びます。

この玉結びのやり方を2種類ご紹介します。

 

指を使ってする玉結び

※わかりやすいようにリリアン糸を使っています。

 

人さし指に糸を1周巻き親指で糸を押さえます。

tamamusubi2

tamamusubi3

 

指をずらして輪になった糸をより合わせます。

tamamusubi4-

 

中指と親指でより合わさったところを押さえ、糸を引きます。

tamamusubi5-

 

固く結びます。

tamamusubi6

 

もし端が長くなってしまえば、はさみで切ります。

tamamusubi7

 

できあがり♪

tamamusubi1

 

動画

 

針を使ってする玉結び

糸を通した針の根元のほうに糸の一方の端を合わせます。

tamamusubi8-

 

針先に向かって2、3回糸を巻きます。

tamamusubi9-

 

巻いたところを指で押さえて針を引き抜きます。

tamamusubi10-

 

糸を引き抜けば、結び目のできあがり♪

tamamusubi11-

 

動画

 

 



 

 



スポンサーリンク