手縫いの縫い方 本返し縫い・半返し縫い・星どめ

 

なみ縫いよりも丈夫に仕上げたいときや、見た目をきれいに仕上げたいとき等に使われるのが「返し縫い」です。

見た目がミシンのように仕上がる全部返す方法が「本返し縫い」
見た目がなみ縫いのようでソフトに仕上がる半分返す方法が「半返し縫い」
縫い目がわかりにくいため端の始末や裏布がファスナー等に絡まないように布どめに使われるのが「星どめ」です。

返す大きさが違うだけで縫い方は同じですので、まとめてご紹介します。

 

 

ミシン目のように仕上がる「本返し縫い」

※わかりやすいようにリリアン糸を使っています。

 

1 玉結びをして、布の裏から針を抜きます。

naminui1

 

2 1目、なみ縫いと同様に表、裏と交互に針を入れ縫います。

hongaesi2

 

 

3 糸を入れたところ、1まで戻って針を入れ、1と2の間隔と同様になるように先の3に針を出します。

hongaesi3

 

4 同様に、今度は2まで戻って針を入れ、4に針を出します。

hongaesi4

 

5 これを繰り返し、縫い目の大きさがそろうように縫い進めます。

 

6 表から見ると、ミシン目のように糸のすき間がない状態に仕上がります。

hongaesi5

 

7 裏から見ると、糸が二重に重なったような状態になります。

hongaesi6

 

8 最後、裏で玉どめをします。

hongaesi7

 

 

見た目がなみ縫いのようでソフトに仕上がる「半返し縫い」

1 玉結びをして、布の裏から針を抜きます。

naminui1

 

2 1目、なみ縫いと同様に表、裏と交互に針を入れ縫いますが、裏から糸を出すのは最初から1までの倍の幅のところ、3に出すようにします。

hannbaesi2

縫い目はこんな感じ。

hannbaesi3

 

3 糸を入れたところ1と、糸を出したところ3の間の2まで戻って針を入れ、1と3の間隔と同様になるように先の5に針を出します。

hannbaesi4

 

4 同様に、今度は3と5の間の4まで戻って針を入れ、7に針を出します。

hannbaesi5

縫い目はこんな感じ

hannbaesi6

 

5 これを繰り返し、縫い目の大きさがそろうように縫い進めます。

 

6 表から見ると、なみ縫いのような状態に仕上がります。

hannbaesi7

 

7 裏から見ると、糸が重なったような状態になります。

hannbaesi8

 

8 最後、裏で玉どめをします。

hannbaesi9

 

 

縫い目がわかりにくい「星どめ」

縫い方は半返し縫いと同じですが、出る糸を極力少なくして点になるようにするため「星どめ」と呼ばれます。

裏地のあるようなものを縫うときに、端やファスナーどめのところの裏地を落ち着かせたり、表地に出てこないようにするために使われます。

 

 

1 玉結びをして、布の裏から針を抜きます。

naminui1

 

 

2 少しだけ戻って裏に通し、次の目に針を出します。

hosidome2

縫い目はこんな感じ

hosidome3

 

3 糸を糸を出したところから、またほんの少しだけ戻って次目に針を出します。

hosidome4

縫い目はこんな感じ

hosidome5

 

4 これを繰り返し、縫い目の大きさがそろうように縫い進めます。

 

5 表から見ると、糸が星(点)状態に仕上がります。(縫い目がわかりやすいように大きく縫っていますが、本当は、もっと少しだけを表に出します)

hosidome6

 

6 裏から見ると、糸が重なったような状態になります。
hosidome7

 

7 最後、裏(または表地と裏地の間)で玉どめをします。

hosidome8


 

 



スポンサーリンク